よく眠れない原因

よく眠れない原因とは?不眠時に実践して欲しいこととは?

投稿日:

ベッドや布団に入っても「よく眠れない」など睡眠に関するお悩みを抱えていませんか?
寝ても疲れが取れない、寝ても何度も起きてしまう、寝付きが悪いなどさまざまなものがありますが、こういった不眠症の症状に悩んでいる人は多いものです。

「よく眠れない」のは一体何が原因なのでしょうか?また対策方法はあるのでしょうか?

 
 

よく眠れない原因とは?

よく眠れない原因となるものには種類がたくさんあります。知らず知らずのうちに自分自身の生活習慣に取り入れ原因を作り出しているかもしれません。

(1)精神的なもの

よく眠れない時に何か不安がある場合や考え事をしてしまうことはありませんか?仕事や私生活でストレスを抱えていると、ベッド・布団に入ってもなかなか寝付けなくなってしまうことがあります。考えすぎて頭がぐるぐるしてしまい気分が悪くなってしまうことも。

(2)身体的なもの

風邪をひいていて鼻水が詰まっていることや、何か身体に痛みや痒みなどの症状があると寝付けないこともあります。寝転がっても快適な睡眠には程遠い状態になるのです。枕を少し高くして呼吸をしやすい状態にするなど、身体的な状態を改善することも必要です。

(3)習慣的なもの

寝る直前までPCやスマホを操作してる人や、仕事の帰りが遅く寝る前にご飯を食べていると睡眠の質が低下します。ブルーライトは寝る30分前には止めるようにしましょう。寝る前の食事は胃腸の消化にエネルギーを使うので脳が休まらず眠りが浅くなってしまいます。

 
 

よく眠れない時に実践して欲しいこと

よく眠れないと「何とかして寝ないと!」と思い余計に自分を追い詰めてしまいがちです。まずはリラックスすることが大切です。

寒い時期になると身体の冷えが原因でよく眠れなくなってしまうこともありますので、「ホット牛乳」などのカフェインが含まれていないドリンクを飲んで気持ちを休ませてから寝るようにすると熟睡できます。眠れないからといってベッド・布団のなかでスマホを操作するのは止めましょう。

また寝る前に浴槽に浸かるなどお風呂に入ることもおすすめです。身体が温まり冷えていた時に人は眠くなるようにできています。血行を促進してあげることは翌日の疲れの緩和にも繋がります。

よく眠れない経験は誰にでもあるはずです。そんな時にストレスを感じることなく解消できるのが一番です。毎日の疲れを緩和する為にも睡眠の質をあげられるようにしましょう。

-よく眠れない原因

Copyright© ジュエルレインを試して1ヶ月!背中ニキビをなくして肌美人! , 2017 All Rights Reserved.